​水素と睡眠

​ 水素酸素混合ガスを吸入すると脳内血流が促進されます。脳内のグリア細胞は以下のような図の状態で構成されていますが、血流が促進される事でグリア細胞の動きが活発化し、酸素の供給と老廃物や二酸化炭素の排出をバランス良く促してくれます。

​ 水素は日中ヒートアップし炎症を起こした脳内を鎮める働きを持ち、脳内を闊達にして活動が鈍っている状態から活発にする役目もしています。

 また水素はセロトニンや成長ホルモンのグレリンの分泌を促す可能性を持っており、睡眠向上に大きく貢献できる可能性が出てきています。

​ アルツハイマー病やパーキンソン病の原因の一つにアミロイドβというタンパク質の脳内蓄積が関係している事がわかっていますが、まさに睡眠の質を上げて、このグリア細胞を動かす事がアミロイドβの蓄積を防ぐ道であり、そこに水素という元素が貢献できる可能性に注目が集まっています。